0744-46-9405

奈良県桜井市朝倉台西3丁目1093-69 エキテン口コミNO.1

0744-46-9405

[施術時間] AM9:00〜12:00 PM2:00〜8:00

予約はお電話
にて受付

からだのサインを悪者にしちゃダメ!

ブログを2、3日更新しない間に随分寒くなりましたね(+_+)
みなさん、体調はいかがですか?

今回のブログタイトル、
「からだのサインを悪者にしちゃだダメ!」

今、はやりのあれを書きそうになりましたが、グッとこらえます。
冗談はこれぐらいにして、東洋医学では、根本的な、本当に大切な考え方です。

たとえば、「吐く」という症状が出たとします。
突然吐いたとなると、とても焦るしすごく悪いことが起きた考えがちです。

まさに「悪者」ですね。

でも、その前に「腐ったものを食べた」ならどうでしょうか?

身体を守るために起きた「働き」ということになります。
出さなければならないものを出したということです。
もちろん、下痢も同じことが言えます。

サインとはすなわち「症状」であるということです。

上に書いたように、腐ったものを食べたことで吐いているのに「吐き止め」の薬などで押さえたらどうでしょうか?

悪いものは体に居座る事になります。

そして、それをどうしても出したければ代わりに「下痢」になるかもしれません。
それで下痢止めを飲んだら?

恐ろしいですね。

簡単に書いていますが、実は、こういうことが多かったりします。

身体は意味なく症状を出すことはありません。
必ずよくなるために一見不快とも思える症状を出し、身体を整えようとすることがほとんどです。

想像以上にサインは身体に出ていますよ。
腰痛もサインです!

「えっ?」て思いますよね。東洋医学では、ここが疲れた、問題が出たから「腰痛」になるという考えです。
ということは、軽めのサインを察知できると例えば「痛み」になる手前で改善できるということです。

サインと身体の関係について、などお伝えできればと考えています。無理のない範囲で(笑)

「症状は身体を助ける」

これが最大のキーワードです!

つづく!!

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。