0744-46-9405

奈良県桜井市朝倉台西3丁目1093-69 エキテン口コミNO.1

0744-46-9405

[施術時間] AM9:00〜12:00 PM2:00〜8:00

予約はお電話
にて受付

皮膚のかゆみ、アトピーにも関係する。文明の利器も使い方次第!

ブログ、楽しみに読んでますよ!
と、患者さんに言われてうれしい山本です(^^)

サボれなくなってきました(笑)

本日は暖房で暖め過ぎると出る症状について。

先日、『咳』について書かせていただきました。
暖房で肺が暖まり過ぎると、
その影響で咳が出ている可能性が考えらると・・・
先日のブログはこちら

もちろん、暖めたからと言って、
皆が問題が出るわけではないです。

しかし、こんな症状が出ている方はご注意!
それは、

「かゆみ」です。

湿疹、アトピーの症状のぶり返し、赤み、
乾燥してかゆいなどなどです。

東洋医学では、
肺は皮毛(ひもう)を主(つかさど)る

という言葉があります。
皮毛とは『皮膚』を指します。

皮膚の根っ子は肺が担当している。
肺が正常であれば、皮膚は正常である。
ということです。

肺が根。皮膚が枝葉。
肺がボス。皮膚は子分

なので、皮膚に問題がでると、
肺に問題がある。と考えます。

暖房に話を戻せば、
肺が暖房で暖まり過ぎ、熱を持つ

肺に直接問題が出ると大ごと

枝・子分である皮膚に熱症状を出す

という感じです。

東洋医学で、「かゆみ」は熱症状と考えるので、
この時期に、患者さんに
「最近かゆいんです」
と言われたら、
「暖房、入れだしました?」
という会話になるわけですね。

基本的に身体は、
根っ子である「五臓」に
問題を出さないように働きます。

なので、肺の場合は皮膚に、
ちょっと問題が出てるんで、お知らせ!
肺のバランス崩しているから気づけ!
という形で、『症状』が出るということです。

肺と皮膚の関係はこの時期の問題だけでなく、
皮膚に症状の出やすい方に言える事です。

肺に問題がでる原因はもちろん暖房だけではなく、
いろいろあります。
もちろん、他の五臓の影響を受けて・・・と、
複雑な場合もあります。

ただ、この時期に関しては
一度、部屋の温度、暖房に関しては
見直すといいでしょう。

エアコンは特にかな”(-“”-)”

では、また!

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。